タイヤ選びや空気圧の管理でタイヤの寿命(摩耗)は延びます

こんにちは!スタッフの峯岸です。

こういうのをニュースで見る事はありましたけど、間近で見ると恐怖ですね。


さてさて、恐怖と言えばこちらのタイヤ。トレッド面の両側が摩耗して、最終的にヒビと言うより切れてますね。写真だと分かりにくいですが割れ目からワイヤーも見えていて、このまま使用していたらと思うとゾッとしますね。

タイヤの溝の減り方は運転の仕方や車種によってそれぞれ違うので一概には言えませんけど、減り方が均一と言うことはあまりありません。きれいにタイヤの溝を使い切る車の方が稀です。

ミニバンで言えば外側のショルダー部分が特に早く減りやすいのですが、これにはミニバン特有の理由があります。背が高く、車重の重いミニバンはコーナーリングの際に遠心力で外側へかかる負担が大きくなります。結果としてタイヤの外側の摩耗が早くなるので、ミニバンにお乗りのお客様では『タイヤの外側が減りやすい』と言った感想をもたれる事が少なくありませんね。
そして、そういった問題を解決するために生まれたのがミニバン専用タイヤと言われるモデルです。

今は各メーカーで1つ以上はミニバン専用タイヤというのを作っていますが、主な特徴は偏摩耗の抑制、ふらつきの抑制などがあります。基本的にタイヤのインサイドとアウトサイドが決まった左右非対称パタンを採用していて、外側のブロックパターンを大きめにすることで剛性を高めて偏摩耗の抑制に貢献しています。
あとはメーカーによって静粛性を高めたり、排水性を良くしてウェット性能を上げたりと言った部分でミニバン専用タイヤの中でも差別化がされていますね。

とは言え、ミニバン専用タイヤを装着したからといって完全に偏摩耗が解消されるわけではありません。私の見る範囲ではやはり外減りの傾向はあります。それでもミニバン専用タイヤでなかったらその減り方はもっと大きいものとなりますので、やはりミニバンタイプのお車にはミニバン専用タイヤをお勧めしたいですね。

グッドイヤー 『タイヤの空気圧』より

また、けっこう多いのが空気圧不足による偏摩耗です。これは単純にもったいないという事になりますが、空気圧が少なすぎる状態ですとイラストのような感じでタイヤが路面と接地する為、早いペースでインサイドとアウトサイドが摩耗します。逆に入れすぎるとセンターが早く減ったりしますので指定空気圧よりやや高いくらいが良いかと思います。
これは空気圧を適正に保つだけで避けられる事なので、車種などに関係なく定期的(月1回程度)な空気圧チェックを推奨します。

タイヤ自体は使えば摩耗しますし、摩耗したら交換するしかありませんがなるべく長持ちさせる為にもタイヤ選びや空気圧管理をしっかりすることは大切です。

タイヤサービス中原 HP

タイヤサービス中原
http://www.nakahara-tire.com/
住所 : 埼玉県入間市宮寺521-9
電話 : 04-2934-4819
メール : info@nakahara-tire.com
タイヤのことなら何でもお気軽にご連絡ください♪

Add Friend1000円分のクーポン券をプレゼント♪

☃スタッドレスタイヤのお見積りはこちら
スタッドレスお見積りフォーム