今年もブリザックの試乗会へ行ってきました。新商品のDM-V3も体感!

こんにちは!スタッフの峯岸です。

今回は先日参加してきました、ブリヂストンのスタッドレスタイヤ試乗会の様子をお伝えしようと思います。

会場は埼玉県上尾市にあります。「埼玉アイスアリーナ」で国内外のフィギュアスケート選手なども滑ったことのあるスケート場です。ちなみに私も昨年の試乗会開始前に有名なスケーターの方が練習しているのを見かけました。
スケートリンクは大小と2つありますが、試乗で使わせていただくのは大きい方です。

氷上での性能

今回用意された車はトヨタのアクアです。タイヤサイズは185/60R15でブリヂストンのBLIZZAK VRX2(ブリザック ヴィーアールエックスツー)[以下VRX2]以外に他社スタッドレスタイヤが2種類用意されていて、計3台のアクアで性能比較をさせて頂きました。
試乗コースを簡単に説明しますと下記の通りです。

スタートからゆっくり加速していき15km/hほどでコーナーリングをしていきます。コーナーを周り終わって車体が真っ直ぐになったところで20km/hまで加速、パイロンの辺りで強くブレーキを踏みます。次にリンク中央に設けたパイロンを8の字に周り、スタート位置まで帰ってくるといったコースになっています。
体感ポイントとしては
①0km/hからの加速の良さ
②コーナーリングの安定感
③加速からのブレーキの効き
④旋回中の車体の挙動

などが挙げられます。一般的にはスタッドレスタイヤに求められる性能としては③を重視する方が最も多いのですが、①や④も違いを感じるとても重要なポイントです。

●加速の良さ●
これがホントに氷の上で運転すると良くわかるのですが、他社製品で目安の15km/h程度まで加速するのと同じような感覚でVRX2でも加速すると、VRX2はかなり早い段階で目安の速度に到達します。VRX2の加速が良い理由は簡単でタイヤの空転が少ないからです。氷の上で0からスタートするには氷をしっかり捉えて前に進めなくてはいけませんので、タイヤが氷をしっかり引っかけているかが加速の差になります。VRX2の性能は他社製品とはっきり違いを感じるものでした。

●コーナーリングの安定感●
最初のコーナーに関しては3台とも挙動が乱れるようなこともなくスムーズなコーナーリングだったと思います。外周のコーナーは緩い弧を描く形ですので、15km/h程度だと差がつきにくいかもしれません。またこの日のリンクの氷上の温度はマイナス4℃ほどと聞いていましたので、そのあたりの要素も差がつきにくい原因だった可能性もあります。

●ブレーキの効き●
ブレーキの効きに関してはちょっと比べるのが難しかったです。まずブレーキをかける前に加速していき、目安としては20km/hほどにスピードを上げます。ここにちょっと問題があって、車のスピードメーターはタイヤの回転を読むので、加速の際にアクセルを踏み込んでタイヤが空転してしまうと実際のスピードよりも早い速度が表示されるからです。
なので私自身がメーターで20km/hに合わせても他社スタッドレスタイヤは若干空転していたので実際の速度はメーター表示より遅く、ブレーキの効きの良し悪しの判断は難しかったです。
結果的にブレーキをかけてから止まるまでの距離だけを見れば3台ともそれほど違いはないのですが、ブレーキをかける前の実際の速度は確実にVRX2がきちんと出ていました。そう考えるとこの比較方法には少し改善が必要かと思いますね。

●旋回性能●
前置きとして言わせて頂くと、試乗では3回とも同じように運転することが求められ、特にこの8の字の旋回では比較できるように同じに運転する事が重要になります。ですが実際には1回目に比べて2回目の進入角度が変わってしまったり、1回目はスピードが出てなかったりで毎年比較に多少のムラがありました。もちろん、それでも分かることは多く得るものはありましたが、今年は違いました。
今回は手前味噌ではありますが上手く同じように3回とも周れたので分かりやすく結果がでました。VRX2の旋回中の安定感にグリップ力。縦方向だけでなく横方向にもグリップの優れたタイヤと感じました。外に大きく膨らんでしまった他社スタッドレスと比べると車幅1台分以上空いた感覚があり、大きく安心感に差がありました。

氷上性能比較まとめ

簡潔に言ってしまうと、VRX2が一番性能が高かったと感じましたが、今回は特に横方向へのグリップ力の差というものを感じました。実際の交差点やカーブなどに置き換えて考えてみるとこの差は安心感につながると思います。
他社スタッドレスの性能も普通に走行する上では問題なく使用できると思いますが、よりスムーズに加速し、よりしっかり止まり、より小回りが効くVRX2が冬道ではドライバーの力になってくれると思いました。

新商品 DM-V3の実力

今回の試乗会の目玉はこちらです。BLIZZAK DM-V3(ブリザック ディーエム ブイスリー)[以下DM-V3]で4×4やSUV専用ブリザックの新商品となります。
VRX2と同じ「アクティブ発泡ゴム2」を使用し、SUV専用パタンで深溝構造で引っかく力が強いので、特に雪上で力を発揮すると思います。ただ、今回の試乗会では実際に運転は出来ず同乗により体感すると言った形です。(私は助手席で体感しました)
コースはアイスアリーナ周辺を周ってくるように走り、1周は3km弱と言ったところです。

用意された車はトヨタ ハリアーでタイヤサイズは225/65R17です。このクラスのSUVではよくあるサイズといったものです。タイヤはDM-V3と他社SUV用スタッドレスが1種類の計2種類での乗り比べとなります。こちらは残念ながら氷上を走るわけではなく、一般道での試乗ですので分かりやすいポイントとしては
①加速の良さ
②静粛性
③乗り心地

と言った感じです。スタッドレスタイヤのドライ性能を判断する、しかも同乗でって言うのは正直モヤモヤな思いもありましたが、ドライでの良さもちゃんと実感できましたのでポイントごとにまとめていきます。

●加速の良さ●
今のスタッドレスタイヤはドライ性能も本当に優れていて、とても良い加速感でした。もちろん足元がふにゃふにゃするような事もないですし、力強く前に進んでいきます。但し、他社のスタッドレスもその点に大きく違いは感じず、そんなに差を感じる事はありませんでした。

●静粛性●
静かなタイヤです。特にDM-V3のパタンノイズとロードノイズの消音は良くできていて、かなり静かに感じました。加速の良さでもそうですが車が高性能と言うのがポイントになっていて、ハリアーにDM-V3を装着して走るとどうなるのかはよく分かりました。

●乗り心地●
ここで言う乗り心地は段差での突き上げ間や突き上げ後の収まり感、レーンチェンジでのふらつきの少なさなどを言っています。この点に関してもDM-V3を乗った感じは好印象でした。特に段差での突き上げ感はマイルドに感じて、突き上げ後の収まりも早いと思いました。車の性能と静粛性と相まって、乗り心地はかなり良かったと感じました。

乾燥路でのDM-V3

スタッドレスタイヤですから、本当は氷上や雪上での体感できる事が好ましいのですが、今回は仕方ないですね。
でも、乾燥路は乾燥路でドライ性能を知ることが出来て良かったと思います。正直な事を書けば他社スタッドレスと比較して、そこまでドライ性能に差があるような感じはありませんでしたが、ちょっとした所、例えば道路の段差で感じる突き上げ感などではDM-V3の方が良く感じました。
首都圏など非降雪地域ではスタッドレスタイヤを装着してもほとんど乾燥路での走行がメインです。そんな中でスタッドレスタイヤの乗り心地が良いというのはスタッドレスタイヤ選びでも重要なポイントの一つと考えますので、そういった面ではDM-V3はお勧めできるタイヤだと感じました。

試乗会を終えて

毎年参加させて頂いているブリザックの試乗会。私が行くのも今年で7回目となります。基本的には毎回同じことを行うのですが、その都度感じることには違いがあります。個人的に今回はVRX2の旋回性能が特によく分かった試乗会でした。
毎回限られた時間での試乗で、その中でなるべく多くの情報を得ようとは思いますが、それはなかなか難しいところ。ですが、こうやって毎年参加させて頂き、蓄積された経験はタイヤ販売でお客様に説明する際にとても重要なものとなっていますので、これからもこうした情報をもとにお客様には納得いくタイヤ選びをしてもらえるよう心掛けていきたいと思います。
また今後もメーカー問わず、試乗会の機会があれば積極的に参加していこうと思っています。


最後に・・・
当店としましてもVRX2・DM-V3は自信をもってお勧めできるタイヤでありますが、試乗会での私の感想などは装着される全ての方に当てはまるわけではなく、感覚には個人差がある事を予めご理解ください。

タイヤサービス中原 HP

タイヤサービス中原
http://www.nakahara-tire.com/
住所 : 埼玉県入間市宮寺521-9
電話 : 04-2934-4819
メール : info@nakahara-tire.com
タイヤのことなら何でもお気軽にご連絡ください♪

Add Friend1000円分のクーポン券をプレゼント♪

☃スタッドレスタイヤのお見積りはこちら
スタッドレスお見積りフォーム