2015年2月2日より順次発売 ブリヂストン「POTENZA RE-71R」 ポテンザ史上最速の性能をもつタイヤです!

こんにちは!スタッフの峯岸です。

さてさて、スタッドレスの履き替えが多くなってくるこの時期になると各メーカーが来年の新商品を発表する事が多くなります。
気は早いですが履き戻しの時期に参考になればと思いますので、そういった新商品紹介をちょいちょいとしていきたいと思います。

という事で今回はこちらです!
re-71r [1]
POTENZA史上最速のストリートラジアル 「POTENZA RE-71R」新発売

こちらの『RE-71R』は1986年にポルシェ、フェラーリに国内メーカーとしては初めて新車装着されたタイヤ『RE-71』から性能、情熱を引き継ぐという意味を込め「RE-71R(R=Racing)」と名付けられたのだそうです。

性能の特徴としては・・・

re-71r [2]
■RE-71R専用ハイグリップコンパウンド
路面との接地性を高め、ハイグリップを実現する

re-71r
■ワイドストレートグルーブ&センターリブ
太い2本の主溝とラグ溝を独立させ、センター部の剛性を高めてクイックな初期応答性を実現する

■セブングルーブ
周方向に対して角度の異なるラグ溝を交互に配置し、数字の「7」のようなデザイン

■スリックショルダーブロック
溝のないスリックなショルダー部によってブロック剛性を確保する

以上を採用して、路面と接地する面積を最大限確保しながらサーキット走行で重視されるドライ路面でのグリップ力、コントロール性を高次元で両立させています。

re-71r [3]
結果としてドライサーキットでの『RE-11A』との比較で平均ラップタイム(指数)で1%短縮、最速ラップタイム(指数)で1.4%短縮させています。具体的にはコーナーリングで差がつくようで、速いスピードでのコーナーリングに立ち上がりでの加速の良さで違いがでるそうです。

発売サイズは41サイズで2015年2月2日より順次発売します。※(4)は4月発売
re-71r [4]

正直、最近はエコカーやミニバン、軽自動車が多いので、こういったハイグリップスポーツのタイヤを求められるお客様は減ったと思いますが、今年はスバルのレヴォーグやWRX S4[225/45R18]などのより走る楽しみを実感できそうな車も発売されましたので、この『RE-71R』もタイヤ交換の候補に入れて頂けば幸いです。

ポテンザ RE-71R

IMG_0441

 お店のホームページもよろしくお願いします (^^)
 タイヤサービス中原 http://www.nakahara-tire.com/


 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.