2019年2月より順次発売! ブリヂストン『REGNO GR-XⅡ(レグノ ジーアール・クロスツー)』

こんにちは!スタッフの峯岸です。

1月に入って早々にブリヂストンより新商品の発表がありました。

進化を遂げたグレートバランスが”最高”の走りを追求 新品時・摩耗時ともに上質な静粛性を実現した「REGNO GR-XⅡ」を発売

ブリヂストンのプレミアムブランド『REGNO(レグノ)』の新モデルで「REGNO GR-XⅡ(レグノ ジーアール・クロスツー)」。読み方が特殊なのは「REGNO GR-XI(レグノ ジーアール・クロスアイ)」から引き継ぎましたね(笑)
意味するところはGR-XIが11のローマ数字であるⅪからでしたからGR-XⅡはⅫ(12)なんでしょう、きっと…。
REGNOはモデルが新しくなるたびに数字を上げてきました。GR-XⅡには書いてはありませんが正確には12000の事だと思います。

2000年~ GR-7000
2007年~ GR-9000

2011年~ GR-XT(10000)
2015年~ GR-XI(11000)

2000年からみてもこんな感じ(⇑)でしたからね。ちなみにGR-XTが11000なのはローマ数字のⅩ(10)と英語で1000を意味するThousand(サウザンド)の合わせ技です。GR-XI以降はTは省かれてますけど。

さてさて、そんな名前の由来を考えていて肝心の中身に触れていませんが、このREGNOに関しては乗り心地や静粛性は言うまでもなく高いものがあり、今更私が説明する事なんてないのですが、今回のGR-XⅡで気になったのはシークレットグルーブ
と言う技術です。これは私的にもかなり重要なポイントと思います。

どんなタイヤでも溝が減ってくれば性能は落ちますし、静粛性も悪くなります。しかしこのシークレットグルーブは60%摩耗後も消音効果を発揮して高い静粛性を維持します。スタッドレスタイヤでもそうですが、タイヤの性能が最初から最後まで続いてほしいと思うのはユーザー共通の願望です。とは言え、さすがに消耗品であるタイヤはなかなかそうはいきません。そんな中で、摩耗しても静粛性をキープできるというのは1つ魅力的なポイントと思えますね。

新商品の「REGNO GR-XⅡ」は68サイズで2月から順次発売となります。当店の販売価格はまだ決まってはいませんが、サイズによりGR-XIよりも4本で1000~2000円程度の値上がりが予想されます。しかし良いポイントもあります。サイズ設定ではGR-XIでは無かった、185/55R16185/60R16が追加サイズとして増えました。このサイズはアクアやカローラフィールダー、フィットやスイフトに対応します。今まではサイズが無くてREGNOは装着できなかったと言う方もこの機会に検討してみてはいかがでしょうか?

タイヤサービス中原 HP

タイヤサービス中原
http://www.nakahara-tire.com/
住所 : 埼玉県入間市宮寺521-9
電話 : 04-2934-4819
メール : info@nakahara-tire.com
タイヤのことなら何でもお気軽にご連絡ください♪

Add Friend1000円分のクーポン券をプレゼント♪

☃スタッドレスタイヤのお見積りはこちら
スタッドレスお見積りフォーム



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.