ぶっちゃけ オールシーズンタイヤってどうなの? メリット デメリットを説明します

こんにちは!店長の中畑です。

スバル レガシィに 215/45R18 グッドイヤー Vector 4Seasons(ベクター フォーシーズンズ)を装着しました。ありがとうございました!

最近よく売れるようになってきたこちらのタイヤ。雪道でも走行できるオールシーズンタイヤとなっております。今回はこのオールシーズンタイヤについてご説明させていただきます。

 

オールシーズンタイヤってどんなタイヤ?

先ほども書いたように雪道でも走行できるタイヤです。日本で冬用タイヤとして認められた「SNOW」のマークが刻印されており、チェーン規制もスタッドレスタイヤと同じようにパスします。

試乗会に参加したことがありますが、雪道はスタッドレスタイヤと遜色ないと思います。ただしスタッドレスタイヤほどの細かい溝は無く、アイスバーンには対応していないと予測します。

 

メリットとデメリットは?

メリットとしては、冬用タイヤの置き場所が必要ない。年2回の履き替えの手間がかからない。季節外れの降雪に対応する。そしてもちろんですが冬用のホイールを買う必要ない。などがあげられます。

デメリットとしては、夏にサマータイヤほどの快適性がないこと。冬にスタッドレスタイヤほどの氷上性能がないこと。まぁこれは商品のコンセプトからして仕方のないことかもしれませんね。

 

オールシーズンタイヤはどんな人におすすめ?

先ほど書いたオールシーズンタイヤのメリットを享受したい人の中で、年間の走行距離の少ないかたです。

スタッドレスタイヤは、残溝が半分になると冬用としての性能が失われます。オールシーズンタイヤも後半半分はサマータイヤとしての性能だけとなるので、後半は雪道を走らないか、走るならタイヤを交換する必要があります。

 

まとめ

この度お買い上げいただいたレガシィのお客様は、年間走行距離が2000~3000kmとのことでした。そのくらいであれば溝的には5~6年後も冬用として使用できますので、経済的なメリットも大きいと思います。

オールシーズンタイヤは画期的なタイヤだと思います。以上のようなメリット、デメリットを参考にして、タイヤ選びの候補のひとつとしてみてはいかがでしょうか。

ベクター 4シーズンズ 価格表

 

タイヤサービス中原 HP

タイヤサービス中原
http://www.nakahara-tire.com/
住所 : 埼玉県入間市宮寺521-9
電話 : 04-2934-4819
メール : nkht@mb.infoweb.ne.jp
タイヤのことなら何でもお気軽にご連絡ください♪

Add Friend1000円分のクーポン券をプレゼント♪

☃スタッドレスタイヤのお見積りはこちら
スタッドレスお見積りフォーム



ぶっちゃけ オールシーズンタイヤってどうなの? メリット デメリットを説明します” への2件のコメント

  1. 八王子 高尾在住です。夏タイヤとスタッドレスを季節により使い分けております。岐阜県高山市へ冬場12月から3月まで8回から10回くらいの割合で、松本から安房峠(トンネル)を使って往復しています。夏タイヤとスタッドレスタイヤの使用しない時期の格納と交換に面倒なのでオールシーズンタイヤ「グッドイヤーベクター4シーズン」を考えています。夏タイヤ、スタッドレス(アルミホイール付)共処分を考えています。ホイールは純正品を使う予定です。参考価格をお教えください。

  2. コメントありがとうございます。
    すでにスタッドレスタイヤ用ホイールをお持ちで、頻繁に岐阜まで行かれるというこのなので、私としては夏冬でタイヤを使い分けることをおすすめします。
    ベクターの価格はサイズによりますので以下をご参考下さい。
    http://nakahara-tire.com/wp/?page_id=21261
    処分料はタイヤ購入時でしたらサービスいたします。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.